Dimension Planet Adventure 最終章 最終話『栄光なる未来』

魔神ベベカル!!もうこの世界を貴様の好きにはさせん!!ここで俺が倒す!!!

OSS版Drone+Vagrant+Bitbucket を試す

OSS 版 Drone がようやく動いたので、メモします。 VagrantUbuntu を立てて、Bitbucket のプライベートレポジトリと連携するところまで。 今回はPython3+Django です。

Vagrant

ubuntu を使います。

vagrant init ubuntu/trusty64

Vagrantfile は以下の通りです。ふつうです。

Vagrant.configure(2) do |config|
 config.vm.box = "ubuntu/trusty64"
config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080
 config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
 config.ssh.forward_agent = true
end

vagrant を起動して入ります。

vagrant up
vagrant ssh

Docker のインストール

sudo apt-get install docker.io sqlite

Drone のインストール

README に書いてある通りにインストールして起動します。

# Ubuntu, Debian
wget downloads.drone.io/master/drone.deb
sudo dpkg -i drone.deb
sudo start drone

http://localhost:8080 にアクセスして、Drone の画面が出るか確認

ngrok

ngrok を使って、 Vagrant内で起動している Drone を外部公開する必要があります。

wget https://dl.ngrok.com/ngrok_2.0.17_linux_amd64.zip
unzip ngrok_2.0.17_linux_amd64.zip

ngrok をダウンロードしたら、お好きなサブドメインを決めて、バックグラウンドで実行します。 ここでは適当に ksmzndrone とします。

./ngrok http -subdomain=ksmzndrone -log=stdout 80 > .ngrok2/ngrok.log &

https://ksmzndrone.ngrok.io にアクセスして、さっきと同じ画面になればOK。

Bitbucket の設定

コンシューマキーの登録

今回は Bitbucket のレポジトリを指定します。 まず、「アカウントの管理」→「OAuth」で コンシューマキーを登録します。

名前を適当に「drone」とし、 URLを先ほどngrokで指定したURL+「api/auth/bitbucket.org」とします。 今回は「https://ksmzndrone.ngrok.io/api/auth/bitbucket.org」ですね。

登録すると、「鍵」と「Secret」がもらえます。

これを /etc/drone/drone.toml の bitbucket の欄に記載し、 さらに「open=false」→「open=true」とします。

記載したら保存し、drone を再起動します。

sudo restart drone

アカウントの登録

https://ksmzndrone.ngrok.io を開くと、Bitbucketの設定ができるはずなので、 アカウントを登録し、レポジトリをアクティベートします。

フックの設定

その後、レポジトリの「Setting」→「フック」を開き、 POST の URL のドメインが「https://ksmzndrone.ngrok.io」になっているか確認します。 もし URL が localhost から始まっていたら、その部分を「https://ksmzndrone.ngrok.io」に変更し、 最終的に「https://ksmzndrone.ngrok.io/api/hook/bitbucket.org/****************」 となっていればOK。

Docker の設定

では、Docker の設定を行いましょう。 まず、Drone のベースとなる image を pull します。

sudo docker pull bradrydzewski/ubuntu
sudo docker pull bradrydzewski/base

次に、自分のアプリのビルドに必要なものを用意します。 今回は Python3+Django ということで、 Python3 の image を用意します。

sudo docker pull bradrydzewski/python:3.3

.drone.yml

自分のレポジトリのルートディレクトリに .drone.yml を配置し、ビルドの設定を書きます。

image: bradrydzewski/python:3.3
script:
 - echo 'Hello, Drone!'

とりあえず今回は、ただ echo するだけの .drone.yml にしました。

実行

では、この状態で Bitbucket のレポジトリに Push してみましょう。 無事に echo されれば、OK です。

参考

AR.Drone 2.0 Power Edition (「HDバッテリー」×2本、「カラープロペラ」×3色同梱)

AR.Drone 2.0 Power Edition (「HDバッテリー」×2本、「カラープロペラ」×3色同梱)

ドローン空撮入門

ドローン空撮入門