Dimension Planet Adventure 最終章 最終話『栄光なる未来』

魔神ベベカル!!もうこの世界を貴様の好きにはさせん!!ここで俺が倒す!!!

Shinyで確率分布を動かして遊べるページ作った

確率分布ってたくさんあるので、統計を学びたてのうちはよくわからないですよね。 パラメータによって確率分布のカタチも変わってしまうし、 似たような種類が多くて混乱してしまいます。

そこで、R言語のWebフレームワークであるShinyを使って、 確率分布のパラメータをいじってカタチを見ることができる ページを作りました。

いろいろな確率分布のパラメータをいじくるアプリ

ネーミングセンスがありません。助けてください。。。

ご指摘や、追加すべき確率分布などがありましたらTwitterで教えてくださると助かります。 また、全てのコードはGitHubにもおいてありますので、拙いコードでよろしければ参考にしてください。

使い方

カンタンです。上部メニューから確率分布を選びクリック。 パラメータをいろいろ変えるとそれに応じてグラフも変化します。 分布関数と密度関数を切り替えることも可能です。

改善点

グラフ描画にはggplot2を使いました。 が、ここはやはりインタラクティブなグラフが欲しいので、 時間があれば、D3.jsやライブラリなどを使って直したいと思います。

また、掲載している確率分布も増やしていきたいですね。

Shinyを使ってみた感想

決められたレイアウトでやるならば、とてもカンタンな印象を受けました。 データ分析に関するシンプルな単機能のページを作るなら、うってつけです。 一方、ちょっとレイアウトを変えたかったり、ソーシャルボタンをつけようと思うと、 少し手間取ってしまいました。Githubで他の人のコードを読んだり試行錯誤をすると、意外に単純に書けることに気が付きましたが、このあたりは文献が充実してくるまでは仕方ないかもしれません。 例えば、上部メニューにGitHubやブログなどのリンクを貼ろうとしたのですが、メニュー部に外部へのリンクを貼ることはできないようで、結局JavaScriptで強引に解決しました。 やはりWebアプリですから、Rだけでなく多少はJavaScriptを使ったほうが良いかと思います。

Shinyアプリを作る上で参考になったページ

このアプリを作る際に参考にしたページは以下です。 特に、まだまだShinyの日本語情報が少ないなか、 @hoxo_mさんの記事やコードはとても参考になりました。 @hoxo_mさん、ありがとうございました。